私を通っていく力

今日は午前中はオンライン勉強会だった。

『無意識の発見』のアドラーの章の抄読会を始めた。

勉強は、ひとりではなく仲間とするものであること、

勉強は、メタの位置から学び方を学んでいくと、より楽しくより学べるということ

を学んだ。

 

私の人生には、アドラーベイトソンだけでもう十分だなあと思う。

娯楽部門としては、ゲーテと落語とオペラもほしいなと思うけれど、

でも、多くは望まない。

 

 

もともと、好きなCDをエンドレスリピートするタイプだ。好きな本を繰り返し読むタイプだ。

私は好きな音楽家ばかり、好きな作家ばかりを偏愛する。

友だちも少ない方だったと思う。

そのときそのとき、とても大事な友だちが数人だけいて、

環境が変わると別れがきて、また新たに数人の大事な友だちができて、

私の周りにいてくれた。

 

私は人々や世の中に、あまり多くを望まない。

私の自己執着は、ほぼ私自身についての執着だ。

自分の理想像が高すぎた。

 

 

 

私はようやくここ数年で、私以外の人へ関心が向くようになった。

ここ数ヶ月で、私自身の判断を絶対的なものとみなさないようになった。

パセージやカウンセリングの現場では、瞬間的に判断しなければならない状況の連続である。

その場数を踏むことによって、私は自分の判断が誤りやすいものであることに気づかされた。

その瞬間、自分にできる最善の判断を私はしている。

しているけれど、いつだってその判断よりもより良い判断が存在するのだ。

それをわかってしまった。

 

だから、私は寛容になりたいと思う。

私の判断は、誤っている可能性がある。

私が最終的に決断する状況を、なるべくなら避けたいと思う。

すべてを、私の最善の努力を尽くした結果、運命に委ねたいと思う。

私と相手との意向が見えた後、運が私たちを運んでいく方へ、私は流れていきたい。

 

誰かが何かをしたいと私に望むとき、

私はできる限り、その誰かを援助したいと思う。

私は誰かの人生を左右するような決断をする立場ではないと思う。

その誰かは、自分の子どもたちでもあるし、友だちでもあるし、メンバーさんやクライアントさんたちでもある。

私は私の力を借りようとしてくださることに感謝をして、

私の身体を通って、お手伝いをする働きかけがなされることを喜ぼうと思う。

私とは、あってないようなものだ。

そう考えて行動しているとき、私は自己執着を手放せているのではないだろうか。

 

逆説のストレンクス

今日は絶対的休日。

かなり疲れている模様。

午前中はほとんど寝ていた。


劣等感を正面から見据えることについて、最近よく考えている。

私はプチパセージや自助グループの定例会でさえ、メンバーさんたちの劣等感をそのまま言語化して扱うことが多い。

私の動きはたいへん「あばき」系である。

ただし枠組みはかなり安全に作っている。

枠組みに「おおい」系を担当してもらっている。


枠組みというのは、

場の環境、構造、私とメンバーさんとの関係性、縛り、ルール、などなど、

目に見えるものも見えないものも含めたものだ。

メタから見た現場の状況全てを指しているのかもしれない。


現場でのカウンセリングやパセージの技術自体は、私はなかなかに下手くそであると思うが、

枠組みの作り方と維持の仕方については、上手になってきたように思う。

おかげでどうにかこうにか、治療的な効果が生まれているのだろうと思う。

安全第一の人間であることを、建設的に活かしているのだろう。


「安全第一」というのは私の私的感覚のプラス側だ。

その裏側であるマイナス側は、「危険地帯」だろうか。

なんとなく、空間的に把握しているような気がする。

ここから先は危ないぞ、という勘がはたらくのである。


この勘を常にはたらかせているので、

メンバーさんやクライアントさんを危険な目に絶対に遭わせないように、

安全な枠組みを作り維持することに私はエネルギーをたいへん使う。

その枠組みの中で、そんなにあばかなければ、もっと安全性は高くなるだろう。

しかし、メンバーさんやクライアントさんの学びと成長に、より貢献するためには、あばきが必要だと私は感じている。

というより、今ここではこの方にこれを学んでもらおう、と目標を設定し、そこに向かってすべきことを組み立てていくと、

私は必然的に「あばき」系の動きになってしまうのである。

何故なら私は、「おおい」系の動きを、おそらく学んだことがないからだ。



自分が不安を強く感じ過ぎてしまうということに気づかれたり、

自分がひとつの物事に熱中し過ぎてしまうことに気づかれたり、

自分の感情の起伏が激し過ぎることに気づかれたり、

私のところに来てくださるメンバーさんたちは、とても自己洞察力の優れた方が多い。

そのことに気づかれているということが、まず素敵だなと私は思う。

話はそこから始まる、とも思うからだ。

不安の裏側には先を見通す力や優しさが、

熱中の裏側には集中する力や情熱が、

感情的の裏側には人への大きな影響力や大きな喜びを与える力が、

必ず隠れている。

そのプラス側であるストレンクスを使って私たちは生きている。

不安に感じやすいからこそ、熱中しやすいからこそ、感情的になりやすいからこそ、

その裏側のストレンクスも大きいのだ。

そして、そのマイナス面にきちんと気づいておられるということは、

マイナス面を予測し制御し、訓練して使いこなす可能性があるということだ。



私は言葉にしつこくこだわる。

それがために、私は多くの人たちに嫌な思いをさせてきた。

けれども、言葉にしつこくこだわるからこそ、例えばロールプレイの代替案を、パセージのお作法通りの言葉遣いで出すことができるのかもしれないし、

例えばカウンセリングで私的感覚をじっくり考えて、クライアントさんと一緒に探せるのかもしれない。


私は不器用で無愛想だ。

それがために、私は多くの人たちに緊張感を与えたり敬遠されたりしてきた。

けれども、例えばお世辞を言わなかったり、愛想笑いをしなかったり、そして本当に楽しいときだけ笑ったりするので、

それがかえって人々に安心感を与える面もあるのかもしれない。


危険を避けたくて、言葉にしつこくこだわって、不器用で無愛想な私は、どれだけ成長しても、おそらくは変わらないだろう。

けれども、私はそういう劣等感を持ちながら、そういうマイナスの面があるからこその良さも、

きっとあるのだろうと最近感じている。

どうしようもない私なんだけど、だからこそ、この劣等感を活かせることもきっとあると信じられるようになって、生きるのが楽になった。

「あばき」の先に、そういう劣等感をも含めた私を受け入れる勇気があれば、もっと人は美しくなれると私は信じている。



師曰く

今日はプチパセージと、野田先生の論文のオンライン勉強会でした。

 

 

プチパセージには、最近プチパセージや定例会に来てくださっているママ友がおふたりと、現在パセージ受講中のメンバーさんが来てくださいました。

子どもさんのことを大切に思って、できるだけのことをされていて、本当に素敵なお母さんたちだなと思います。

そしてもっとよいはたらきかけや方法があるのならば、とパセージに興味を持っていただけて、とても嬉しいです。

 

私はプチパセージが一番苦手で、終わったら未だに若干の落ち込みを感じます。

売り込むのが苦手なのです。

満足してもらったらパセージの受講につながらないし、

でも疑問やご質問には答えたいし。でも説明しきれない部分はたくさんあるし。

けれどもパセージを受講していただくことが目的ではなくて、アドラー心理学の育児の考え方を採用される人が増えることが大きな目的なので、

定例会やプチパセージで一緒に学び続けてくださる方が増えることが、とてもありがたいです。

 

 

小さなひとつのエピソードをお聴きして、

お話ししてくださった方の良いところ、子どもさんの良いところ、をみんなで話し合うと、そのエピソードの物語が急に別の可能性を持った物語へと変わります。

より良い対応について代替案を探して、みんなで話し合うと、お互いに協力し合う物語へと変わっていきます。

ロールプレイをして、みんなが子どもさんの役になってみて、なんだか嬉しいな、という気持ちを感じられたとき、勇気づけられたと実感できたとき、

ああよかった、と私は安堵します。

…ロールプレイはいつも緊張します。

 

 

 

 

 

私が何かを教えられるわけでもないのです。

ただアドラーはこう考えていたということ、アドラー心理学ではこう考えるということ、野田先生はこうおっしゃっていたということ、

私はメンバーさんたちとアドラーと野田先生とをつなぐ、透明なパイプなのです。

 

野田先生がお話ししてくださったことを、パセージでも、プチパセージでも、私は思い出したときにいつもお伝えしています。

過去形で話さなければならないのを寂しく思います。

そして、何もかもが前進していないように思えてきて、自分のしていることにあまり意味を見いだせなくなってくるのです。

 

アドラー心理学という名でアドラー心理学でないものを信じている人は世の中にとても多いようです。

しかし、それは私の偏見でしょうという反論はいつもあり得るのです。

私が野田先生から教わったものを誰かに伝えることはできるのか、遺していくことはできるのか、

揺らぎそうになります。

 

 

 

けれど、今日この日の、こんな風に子どもに接していけたらいいなと言ってくださった方たちの笑顔が、私に勇気を与えてくれます。

私には大きなことは成せないかもしれないけれど

こうやって小さな場面で、誰かのお役に立てることができるのなら、

そんな日々を重ねていこうと思います。

 

私がひとりで野田先生の言葉を繰り返しているわけでもないのです。

仲間たちが、一言一言、共に学ぶ仲間たちに伝えていっているのです。

それが大人たちに伝わって、それが子どもたちに伝わって、いつまでも生きてほしいと思います。

 

 

織物

昨日は久しぶりに大切な友人とゆっくりおしゃべりをした。

今日はオンライン事例検討会だった。

 

私は広く浅いおつき合いというのがたいへん苦手だ。

私が親しくなる人というのは、その人と私とのふたりだけの物語を作れる人のこと、なのかもしれない。

私の親しい人たちとの集まりも、とても心地がいい。

それは幾重にも幾重にも重なった、「私とあなた」の累乗になる。

 

パセージもそういう構造なのかもしれないと思う。

課題シートで、あるいは勇気づけカードで、私はひとりひとりのメンバーさんと、ふたりだけの物語を作っていく。

章が進むごとに、「私とあなた」の物語がどんどん他の「あなた」たちにも共有されていって、「私たち」の物語になっていく。

それと同時に、メンバーさん同士の物語も、幾重にも幾重にも重なっていく。

 

同じ地域で、同じ生活圏で暮らしている治療共同体のメンバーさんたちとは、

自助グループやパセージを離れた様々な場所でも、おつき合いがある。

そこで私たちが作る物語も、メンバーさんどうしが作る物語も、

少しずつ少しずつ、共に成長して、より良い物語になっていっているのを感じる。

 

オンラインの勉強会のメンバーさんにしても、そうだ。

みんな、もともと共にアドラー心理学を学ぶ仲間たちで、

ひとりひとりと私は、それぞれのふたりだけの物語がある。

そしてみんなが、野田先生とのふたりだけの物語を持っている。

私たちはいつも、その物語を互いに共有し合う。

 

人間関係って、そういう一対一の累乗でできているんじゃないだろうか。

みんなという漠然とした関係なんて、本当はないんじゃないだろうか。

同じ場で息をして、言葉を使って、同じものを見て考えて触れても、それだけでは関係は生まれなくて、

そこで互いに言葉と心を通わせてはじめて、関係が生まれるのではないだろうか。

私は人付き合いが苦手だから、そんな風に考えることで、少しだけ人付き合いが楽になってきたように思う。

 

 

「私とあなた」の物語を作るのは、それは私の所属の仕方だ。

放射線状に、「私とあなた」との関係は広がっていく。

そしてそれぞれの物語は、いつだって新しく作っていける。

たくさんの物語の連なりと重なりで、私の人生は作られている。

なんてしあわせなことなんだろうかと思う。

私はこんなにも、人々の中で生かされている。

 

 

離れていても

今日はオンライン抄読会だった。

 

大学時代からの友人と、今はアドラー心理学も一緒に学ぶようになっている。

私がアドラー心理学の考え方からものをみるようになるずっと以前から、

友人とは様々なことについて話してきたけれど

今はお互いにアドラー心理学の、そしてベイトソンの考え方からものをみるようになった。

 

お互いの実践できているところ、

相手役のよいところ、

より実践できるような代替案、

結局、話はそういう内容になる。

そして向かうべき先にはいつも、自己執着を捨てて共同体感覚の実現がある、という結論が出る。

 

自分の事例、家族のこと、友人のこと、どんな話をしても、

私たちは変わらずいつも楽しくて、時間を忘れてしまうのだけど、

今は新しい法則を探す遊びではなく、アドラーベイトソンの法則に当てはめていく遊びをしている。

そうすると複雑にからまったものが、おそろしくシンプルに見える。

そして、より良い物語へと変えていくために、自分にできることは何かを考えることができる。

 

 

私たちはいつもそんな話をしている。

話すたび話すたび、様々なことが繋がっていく。

そしてお互いのこと、より理解し合っていく。

どこまでいってもわかり合うことはないだろうけれど、わかり合えたらいいなと思いながら、

お互いに言葉を尽くしていっている。

お互いに成長し合っていることを、何よりも嬉しく感じている。

 

 

 

同郷の士

今日はパセージ第6章だった。

 

お久しぶりに再会した単発参加のメンバーさんともご一緒に、楽しい時間を過ごした。

私以外の方は初対面だったのだが、他のメンバーさんたちもすぐに打ち解けてくださった。

ロールプレイでは事例提供者であるいつものメンバーさんが、単発受講のメンバーさんを子どもさん役に選んでくださって、とても嬉しかった。

私たちはパセージという共通の価値観と、共通の言葉を持っている。

だから初めて出会う人たちどうしでも、思わぬところで同じ故郷の人と出会ったかのように心が通い合うのだろうと思う。

 

 

私のパセージはけっこう「あばき」系だということを感じた。

あばき療法とおおい療法については野田先生の補正項に書いてあった。

 

野田俊作の補正項

2016年8月2日「あばき療法」と「おおい療法」より引用

西丸四方先生がおおむかしに『精神医学入門』という本を書いておられて、学生時代に教科書代わりに使ったのだが、その中に「あばき療法」と「おおい療法」という面白い言葉で、心理療法の分類をしておられる。「あばき療法」というのは、精神的な問題点を自覚させる方向の治療法のことであり、「おおい療法」というのは、自己受容や他者受容を促進する方向の治療法のことだ。アドラー心理学は、伝統的には、「あばき療法」に属する。だから「あばき」の部分がないと、アドラー心理学とは言いがたいのだ。フロイトの心理学と違って、アドラー心理学は「あばき」の一方で、盛大に「おおい」の操作をするので、そちらの方がアドラー心理学の本質だと思われやすいのだが、ほんとうはそうではなくて、みずからのライフスタイルの問題点に気づく部分がないとアドラー心理学とは言えない。

 

 

私はけっこうな「あばき」系ではあるが、パセージの構造はたいへんに「おおい」系であるので、

安全な枠組みの中で、信頼関係のあるメンバーどうしで、ロールプレイという遊びをうまく使って、

正対的であっても、事例提供メンバーさんが負担なく受け止めて学んでいくことができるようになっている。

 

事例提供メンバーさんがとても大きな勇気を持って、ご自分のエピソードを見つめ、子どもさんのことを思い、パセージを実践しようとされたこと。

それから他のメンバーさんたちが事例提供メンバーさんを尊敬し、信頼し、率直に意見をお話してくださったことによって、

子どもさんにご自分の考えを伝えてみるという代替案をみんなで考え、ロールプレイしてみることができた。

みなさんが、この小さなひとつの場面を、

ひとつの親子の今までの歴史を感じながら、

よりよい物語になっていく過程を体験しながら、協力してくださって、

本当に素晴らしいなと思っていた。

 

相手役の子どもさんは中学卒業後の大きな子どもさんだったので、

開発者の野田先生がおっしゃるように、パセージの効果が出るまでには時間がかかるだろうなと思っていたのだけど、

メンバーさんの気合いと努力と勇気によって、大きな子どもさんとの間でも、こんな風によい関係が築いていけるのだと、毎回感動をしている。

 

 

残りあと2章になってしまった。

パセージが終わってしまうことが、なんだかまたとても寂しくなってきている。

でも、故郷を同じくする仲間がまた増えていくのだ。

 

 

自律への道

今日は絶対的休日。久しぶりだった気がする。

とはいえ、明日のパセージの準備や、プチパセージのチラシ作成など

なんやかんやと用事をしていた。

 

実はこの2ヶ月近く、まったく語学の勉強ができていない。

基本的に毎日何かを決めてするということが苦手なので、

ドイツ語の勉強をなるべく毎日しようとしていたときは、

夜ご飯を食べた後、食卓でそのまま始めていた。

それはとても良かった。ほぼ毎日継続できていた。

しかし、お皿洗いを後回しにしていた。

たいてい21時からオンライン勉強会が入っているので、

20時前にご飯を食べ終わり、

それからドイツ語をして、お風呂洗って、子どもたちにおやすみを言ったりしていると、

もう21時前になってしまう。

そしてお皿洗いをする時間はその日のうちにはやってこない、という日が多かった。

 

そうだ、そういう生活の中に、五体投地含む瞑想という新たな日課が入ったので

ドイツ語が抜け落ちたのだな。

今は、夜ご飯の後、お皿を洗って、

お風呂を洗って、子どもたちにおやすみを言って、五体投地などをして、

オンライン勉強会という流れになっている。

 

ということは、改善案は2方向ある。

ひとつは、夜ご飯の時間を早める方向。夜ご飯後の時間を長く確保するのである。

もうひとつは、夜ご飯よりも前に日課を行う方向。なるべくなら瞑想は日中にやっておきたい。

少し検討してみよう。

 

ここまで書いて思い出したが、私の語学学習は、ドイツ語だけではいけなくて、

そうでした、英語の論文の翻訳が…完全にストップしていた。

一度止まると、再び動き始めるまでに私はたいへんなエネルギーを要する。

しかしそろそろ、取りかからねば!

幸いなことに次男も小学生になったので、日中の私の自由時間はかなり長くなったのだ。

生活パターンのどこかに組み込んでしまおう。

こちらも検討してみる。

 

 

 

ちなみに我が家のお風呂洗いは、私と次男の一日交代制である。

たいへんたいへんありがたく、助かっている。

また、長男は急に思い立ってトイレ掃除をしてくれることがある。

今日はトイレットペーパーを綺麗に折ってくれていた。どこで学ぶんだろう。

 

彼らはとても自立していると思う。

長男は「ぼく、もう一人で生活できると思うよ。お金さえ稼げたら。」と言っていた。

確かにね。料理も掃除も大丈夫だ。パンも焼ける。

機械好きのおかげで、洗濯機、精米機の使い方もマスターした。回転する機械をよく眺めている。

火もおこせるし、薪割りもできるし、どこでも生きていけそうだ。

そして次男にときどき教育している。

 

 

次男の小学校が始まって、早朝5時過ぎから二人でぱたぱたと動き回っている。

二人で朝ごはんを準備して二人で食べ、二人で学校の用意を確認し、二人で漫画を読んで、

6時になると、「そろそろお母さん起きてくださーい」と起こされる。

朝は今のところ、夫が二人を車に乗せて送ってくれている。

「お父さん、あと15分で出たいので、早くご飯食べちゃってください!」

平日夫が子どもたちと顔を合わせるのは朝だけなので、なんやかんやと携帯の写真を見せたりしながら夫がしゃべっていると、

「お父さん、そういうのはまた時間のあるときにゆっくり聞くから、今は早く出かける準備してください。あと10分だよ!」「お父さん、急いで!」

とか二人が言っている。

どちらが親なのか、ときどき混乱する 笑

 

 

私は小学生のとき、自慢ではないが生活能力皆無だった。

自律も全然できていない、怠惰な人間だった。そしてそれは基本的には変わらない。

だけど、今は私もなんとか自立し、自律しようとしている。

家事も苦手なままでたいして上達することもなく母親をやり続けているけれど、

子どもたちができるようになったから、帳尻は合っているということで…

いやいや、彼らのおかげで成長させてもらっている。ありがたいことだ。